ラジオ

2016年07月10日


参院選スペシャル2016〜この国はどこへ向かうのか

TBSラジオ

【放送時間】2016年7月10日(日)夜7時55分〜深夜2時

■司会:荻上チキ、麻木久仁子
■出演:神保哲生、木村草太、中北浩爾、片岡剛士、水無田気流、武田一顕、南部広美ほか
■開票速報:中村尚登

自民・公明の巨大与党に、野党はどこまで立ち向かうことができるのか―。
選挙区73、比例区48の計121を巡って争われる今回の参議院選挙。

アベノミクスや安保法制など、安倍政権の実績を国民はどう評価するのか?
一方、民主と維新が合流し初の大型選挙を迎える民進党と共産、社民、生活の3党は、32の1人区すべてで候補者を一本化するなど、野党共闘の試みはどれだけ支持を受けるのか?
さらに、社会保障政策、原発政策、そして、憲法改正の行方はどうなるのか?

また、初の18歳選挙権、県境をまたいだ「合区」の導入の影響は・・・

TBSラジオでは、6時間に渡って「荻上チキ・Session-22」などでおなじみの論客と共に、開票速報をオンタイムで伝えながら、今回の選挙の本質について 徹底的に議論します。
さらに、各党の党首、幹部の出演。中継現場からのリポートも交えてお送りします。

■メッセージテーマ

「各党党首や幹部に聞きたいこと」
メールアドレス ss954@tbs.co.jp
twitterアカウント 「@senkyo954」
twitterハッシュタグ 「#ss954」

http://www.tbsradio.jp/tag/senkyosp_s_2016/

radiotheatre at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月06日

TBSラジオ夜の顔、荻上チキ氏が“一夫二妻”生活!

2016.07.06 16:00

 TBS平日夜の人気ラジオ番組「荻上チキ・Session-22」のメインパーソナリティとして、今年4月にギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞した気鋭の評論家、荻上チキ氏(34)の奇妙な“一夫二妻”生活が発覚した。

 荻上氏は、専業主婦の妻との間に二子をもうけている。しかし、私的な勉強会で知り合った20代の出版社勤務の女性Aさんと不倫関係になり、妻に離婚を迫ったのだという。

 荻上氏に取材を申し込むと、メールで回答があった。

「15年夏頃、友人関係であったAさんに好意を抱くようになり、『離婚が成立した場合には交際してほしい』と話をしました。その後、妻に自分の考えを伝えたうえで、離婚協議を進め、その過程で妻と別居、Aさんと同棲していったという流れです。

 妻とは一時は離婚協議を進めましたが、子どもと離れることが難しいと考えたため、現在は関係の修復を目指しています」

 週刊文春7月7日発売号では、荻上氏の“二重生活”を詳報している。

週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6333



【衝撃】荻上チキのLINE流出 / 愛人へのラブラブメッセージで不倫発覚か「すきすきだいすき」

評論家やラジオパーソナリティとして絶大な人気を誇る人物、荻上チキ氏(34歳)のLINEメッセージが流出。既婚者でありながら愛人の存在が発覚し、ほぼ一夫多妻のような生活をしていた事が判明した。しかも愛人の存在を荻上チキ氏の妻も認識しているというのだ。

・多くの人たちにショックを与える
荻上チキ氏は社会派であり、ITにも精通している多才な人物として知られているが、実は多妻でもあったわけで、多くの人たちにショックを与える事実である。この情報を提供してくれたマスコミ関係者は以下のように語る。

・マスコミ関係者の声

「荻上さんの愛人報道が最新の週刊文春(2016年7月7日発売号)に掲載されるのは間違いない情報です。しかも流出した愛人に対する「すきすきだいすき」などのLINEメッセージも掲載され、けっこう恥ずかしい内容になっているようです。詳しくは最新の週刊文春に書かれているので、ファンじゃなくても必見の内容でしょう。なぜなら荻上さんは政界などに対しても影響力のある人物であり、知的なイメージがありますからね。そのギャップに驚くはずです」

・子供もいる生活

また、荻上チキ氏の自宅から1分ほどの場所に愛人が住んでいるらしく、その点も衝撃的な事実である。荻上チキ氏は大学生時代に出会った女子と結婚し、子供もいる生活をしている。はたして、今後どのような展開になるのか、世間から注目が集まるのは間違いない。

・乙武洋匡氏の不倫騒動

「妻も愛人を認識している愛人騒動」といえば、スポーツライターの乙武洋匡氏の不倫騒動が記憶に新しい。今回も妻が愛人を認識している展開のようだが、妻の心は傷ついていないのだろうか?

2016.07.06
バズプラスニュース
http://buzz-plus.com/article/2016/07/06/ogiue-chiki-aijin/


−−−−−−−−−−

荻上痴気が。セッションリスナーだけにちょっとショックだった。まさか。でも、まだ若いし、高校生や学生時代にどんな女の子と付き合ったとかは結構番組内でも話していたのであり得なくもないか。子供が出来てから性欲が減ったとか言っていたけれど、違ったのか。時間的には帯番組で収入も安定してきてという余裕もあったのもあるのかと推測してしまう。

それはないと思っていたが、相手が南部さんではなくて良かった。チキちゃんっ!って言われるかな。照美と小俣が報じられた翌日の放送は凄い変な感じになっていたが、またあんなになったら聴いていられない。

文春ってどうでもいい不倫スキャンダルが多い。大手事務所に入っていないフリーまたは弱小事務所のタレント、芸能人をターゲットにする。そこがずるいというか。もっといろんな出版社で売れる本を出すような作家だったら遠慮してくれたのかもしれない。

先月末のLIFEで有名税がテーマだったが、結果として荻上さんが嫌っている有名税の高額納税ということになってしまった。メディアに出る人はスキャンダルが出たくないと思ったら、もっと気を付けないと。しかもLINEはセキュリティに問題があるのかすぐに流出する。ベッキーの時に学習したでしょう。ネットに関する本も出しているんだから証拠が残るようなネットツールは使わないようにしないといけない。しっかり家族の人にダメ出ししてもらってからポジ出しが始まる。奥様とお子さんたちは激おこなのでしょうが。

早刷りや報じられることが前から分かっていて、昨日も自民党の平議員に鋭く迫っていたので番組に関しては鋭さがなくなるということはないと思う。冒頭で自分の私生活に関しての報道というのを分析して何がいけなかったのかを冷静に分析していったら、さすが荻上チキだと思う。その後、SPAのチキーダで自分に関する記事がどう報じられたかの各誌の反応、文章量も分析したら凄い。

radiotheatre at 19:30コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月19日

文春が2週連続で書くようなネタなのか。

TBSが宗教提供のまったりした番組なので、「MakeIT21」を時々聴いていた。一時期長時間の「PRIME FACTOR」になってまた2015年の10月から1時間に縮まって番組が放送されていた。J-WAVEの夜番組にしてはスポンサーが多い番組で珍しかった。「PRIME FACTOR」ではアカデミー賞前後に2年連続で藤原帰一教授を迎えてハリウッド映画とアメリカ社会を語っていた。話を合わせるのは非常にうまい人だという印象はあった。2月にマザーハウスの山口絵理子さんが娘だと番組中に判明した山口伸廣さんが社長時代にハンコも通帳も会計士に渡していて会社を奪われ自宅も差し押さえられたという話をしていた。訴訟中に早く不動産を安くても売りたい人を見つけて稼いだという話では名義は私は山口さんでは取得できなかったのでほかの人の名義にしてということをやって儲けましたと話していた。ショーンKさんの詐称よりも結構法律ぎりぎりの話をしていると思った・
経済ニュースについて解説するコーナーでは誰でも言えるようなぼんやりとしたコメントばかりだった。

昨年の10月には番組でリスナーから「報道ステーションに出ているショーン・マクアードル川上さんというのはショーンさんのことですか?」というメールが来て、ショーンさんが「そうですよ」とうれしそうに話していた。伊集院さんがラジオで言っていて、報道ステーションい関してはワイドショーと違って古舘さんがショーンさんから降板するということでとさらっと終わらせる話なのかというのは本当にそう思う。去年の閣議決定で集団的自衛権、つまりは戦争できるとするのは憲法の本質を知らないということ。ショーンさんは安倍政権の決定を支持していた。そこから何か胡散臭さを感じていた。ほかの曜日のコメンテーターとは違い過ぎた。経歴が怪しいので政権や強いほうになびきやすいという面を感じた。

フジテレビのニュース番組に出演予定だったショーンさんの後任にモーリー・ロバートソンさんが出演することになった。メインは市川紗椰さん一人となった。市川さんはTBSラジオにこの前まで出演していたが、そんなに良いコメントをしない。「スターウォーズ」に関しての発言もどうなのかと思った。フジテレビのニュース番組なので時間が過ぎていけば誰でもいい。

ショーンKよりも先にJ-WAVEに出ていたモーリーさん。最後は日曜日の早朝番組を担当してノンスポンサーなので終了した。右寄りでフジテレビに適していると書いているメディアがあったが、トランプのように受ければ右、左ということではなくて何でも言ってしまう人なのですぐにいなくなるか、面白がられるか。NHKBSに出演していて、いつの間にか国際ジャーナリストになっていた。


k







kawakami









jwave



























2013年にMXテレビ「ニッポン・ダンディ」で二人は共演していて、モーリーさんがJ-WAVE兄弟ですと発言していた。

J-WAVEはやたらとミックスやハーフっぽい人が多い。いつくかの番組を持っているレイチェル・チャンの本名は吉田麗子で外国籍でもないらしい。ジョン・カビラさんはハーフだが、音楽会社に勤めていたということなのだろうか、グラミー賞の中継に出演しているが、音楽に関する知識があまりない。クリス・ペプラーさんは音楽に関心のない人ならまだしも音楽番組を担当しているのにまあまあ有名なミュージシャンを知らないことが多々ある。



radiotheatre at 01:37コメント(0)トラックバック(0) 

2013年07月21日

TBSラジオ(JRN)「参院選スペシャル2013」放送!

7月21日(日)午後8時00分〜深夜1時00分

【進行】荻上チキ(評論家)/麻木久仁子(フリーキャスター)

【コメンテーター】
斉藤淳(政治学者)
神保哲生(ジャーナリスト)
國分功一郎(哲学者・高崎経済大学経済学部准教授)
木村草太(憲法学者・首都大学東京准教授)
西田亮介(社会学者・立命館大学大学院特別招聘准教授)
飯田泰之(経済学者・明治大学経済学部准教授)
土居丈朗(経済学者・慶応大学経済学部教授)
武田一顕(TBSラジオ国会担当記者)
ほか

【内容】
アベノミクスへの評価、また、昨年の総選挙で私たちが選んだ結果への再評価の場となる今回の参院選。
経済、憲法、外交、さまざまな難問が表面化する中での選挙結果から、私たちはどこへ向かうのかを徹底議論。
さらに、今回から解禁されたインターネット選挙運動の今後などついても考えます。

スタジオには、TBSラジオが誇る経験豊富なキャスター陣、そしてTBSラジオが世に送り出して来た新世代の論客たちが集結!
開票速報をオンタイムで伝えながら、議論を展開します。

各党の党首、幹部クラスも多数出演。
各党会見場からのリポートも交えてお送りします。

メールアドレス senkyosp@tbs.co.jp

※Ustreamによる動画中継も行います。
http://www.ustream.tv/channel/senkyo954

※以下のJRN各局でも放送する予定です。詳しくは各局のHPなどをご覧ください。

http://www.tbsradio.jp/senkyosp/







radiotheatre at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月01日

掲載日時 2013年04月01日 11時00分|掲載号 2013年4月4日 特大号

 創価学会が単独提供してきたAMラジオ番組から次々に撤退、この動きがさまざまな憶測を呼んでいる。
 3月末でTBSラジオ『あなたにモーニングコール』、文化放送『ミュージックギフト〜音楽・地球号』のスポンサー打ち切りを決めた。

 TBSラジオ『あなたにモーニングコール』は通称“あなモニ”と呼ばれ、月曜日から金曜日の午前4時からの1時間枠。'01年9月に終了した『歌うヘッドライト』の後継番組としてスタートし、今年12年目の長寿番組だった。
 一方、文化放送『ミュージックギフト』は、'94年放送開始。毎回ゲストを呼び、リスナーから「誰かにプレゼントしたい曲」のリクエストを募集。ナイターシーズンは日曜日、オフは月曜日〜金曜日の放送で、手堅いファンをつかんでいた。

 創価学会は年間300億円の広報予算をもっているとされる。かつて学会の広告は書籍(池田大作名誉会長関連)や新聞(聖教新聞)が主だった。だが、ある事件を機に方向性を変えていく。TBS『報道特集』のスタッフが池田大作名誉会長を“直撃取材”、学会はこれを問題視したのだ。
 そこで、学会はTBS抱き込みに動いた。

 TBSはかつて毎日新聞が筆頭株主だった。現在は同新聞社の経営的問題から株主的関係はなくなっている。それでも聖教新聞は、毎日新聞の子会社である東日印刷を中心に刷られている。間接的にTBSのスポンサーになろうとしたのだ。
 だが、特定宗教にかかわりのある団体のCMは拒否すべき、と本体のTBSはCMを受け付けなかった。

 そのため、学会はまずTBSラジオなどAMラジオに焦点を絞りCMを入れてきた。そんな経緯から、今回の措置となる。
 「要は徐々にCMをテレビ中心へ移そうとしているわけです」(学会関係者)

 そのひとつがTBSテレビの日曜朝10時からの『サンデージャポン』。スポンサーに聖教新聞が入った。狙いは夏の参院選で、今後、さらに同広告が増えるとみられている。
 広告収入増も見込まれるTBSだが、いまだ難問山積みである。いくら不景気とはいえ、テレビがCM基準をゆるめていいのだろうか。先達の思いを忘れてはいけない。
 このままだとTBSの姿勢は倫理面で問題視され、今後波風が立つことは避けられない。

http://wjn.jp/article/detail/0423390/





radiotheatre at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月04日

本日、番組エンディングで外山恵理アナウンサーからさらっと発表された。あと一か月あるので聴いて下さいと言っていた。



――――――

外山恵理さん:ここでみなさんにお知らせがございます。ニュース探究ラジオDigなんですが、3月いっぱいで終わります。フフフフフ、笑っている場合じゃないんですが。まあ終わる番組もあれば始まる番組もありまして。今後もTBSラジオを。

カンニング竹山さん:終わるらしいんですけれども。

外山:あと一か月ありますのでみなさん是非Digを支えていっていただきたいと思います。


(2013年03月04日 TBSラジオ「ニュース探究ラジオDig」から)

続きを読む

radiotheatre at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

2013年01月24日

TBSラ「4月改編」夜10時に荻上チキ起用

TBSラジオ入江清彦社長は23日、通信紙記者会見で、4月改編で平日夜10時に、評論家

文化通信
http://www.bunkatsushin.com/news/article.aspx?id=68698



終了かまたはリニューアルなのか。
帯番組のホストを務めるのには異論はないけれど、メインとなると取り上げるテーマが暗くなりそう。続きを読む

radiotheatre at 23:30コメント(3)トラックバック(0) 
Google
カスタム検索


BOOKS
Book CDショップ


1500円以上で送料無料!ブックサービス

@古本市場
SPORTS


プロフィール
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

週に、2,3度更新します。
Archives
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。