2017年06月15日

モーリー・ロバートソンはいらない

安倍の御用メディアのフジテレビ「ユアタイム」を嫌いではあるが、チェックしてしまう。

モーリー・ロバートソンという人が出ている。コメントは田崎スシローよりもひどい。少ない野党ばかり批判して、安倍内閣を擁護する発言ばかりする。フジテレビに出るだけあって。昔から異常に早くしゃべるおっさんだったが、今ではただのセンスゼロの禿げたおっさんとなってしまった。とは言ってみたが、昔から中国を批判したりして安倍晋三容疑者と考え方や思想が合致していて安倍礼賛メディアとは相性が合っていた。ジャーナリストと名乗っていても取材をしているわけではないのでただのコメンテイター。

同じ番組に萱野という学者が出ていて、加計学園の問題で文科省のメモをいちいち調べる必要ないと言っていた。こんな奴がよく哲学者と名乗っていると思う。

フジテレビの社員で官僚から天下ってきた風間という人は政権をあからさまな擁護はしないもののどっちつかず。

ゲストで出ていた寺脇研は前川氏の友達と言いながらも政権の肩を持ったりもする。「映画芸術」で他人の作品には厳しいが、自分には非常に甘い。ゆとり教育の権化。

活舌は非常に悪くて頼りなかった市川紗椰が一番まともに見えてしまう。モーリーや萱野が変なことを言うと唸ったり、納得がいかないという目で訴えてくる。だったらコメンテーターはいらない。

radiotheatre at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ、マスメディア、IT 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Google
カスタム検索


BOOKS
Book CDショップ


1500円以上で送料無料!ブックサービス

@古本市場
SPORTS


プロフィール
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

週に、2,3度更新します。
Archives
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。