2017年05月18日

「加計学園をめぐる問題について」(TEL:ノンフィクション作家 森功さん)

安倍総理の友人が理事長を務める学校法人「学園」の獣医学部新設をめぐって、文部科学省が内閣府から
総理の意向と言われたとする記録を文書にしていた問題が波紋を呼んでいます。
そこで今夜は文書の信ぴょう性と「学園」をめぐる問題について、ノンフィクション作家の森功さんにお話を伺います。


森功さん:


森功さんの著書



以前から加計学園の問題は第二の森友とも言われていましたが、改めてどんなことが問題のでしょうか。

ポイントはいっぱいあって、一つは加計学園の加計孝太郎kakei理事長が安倍晋三首相と40年来の盟友関係にありまして、その人が今まであり得なかった獣医学部の新設を受けた。日本全国で獣医学部の新設は出来なかった。新しい学校は必要ないということで出来なかった。それがお友達である加計孝太郎さんだけ今回認められたのはおかしいというのがまず一点です。

abe

それに応じてキャンパスを巡って37億円相当が無償譲渡されて。

愛媛県の今治市から無償譲渡ということですね。

そうです。造設したのは開発公社ですが、37億円で今治市が買い上げた物をプレゼントしたということですね。特別待遇。差し上げてしまったというのが問題です。

それと同時に補助金が整備事業として県と市から最大で96億円相当をこれから補助していくと。そういうことでかなり優遇されているんじゃないかと言われています。

森友問題と重なるところがありますが、首相は度々便宜や忖度はなかったと発言していました。こうした中での今朝の朝日新聞のスクープで獣医学部の新設は内閣府から文科省に首相の意向と言われたというのを文書にしていたという問題ですよね。この記事の印象はどう思われてましたか。

要するにこれは構造的な問題で第二次安倍政権で第二次戦略特区構想がありまして、安倍さんが陣頭指揮を執って内閣府が進めている。国家戦略会議の議長が安倍さんですから。獣医学部の新設を認可する文部科学省に対して安倍さんがちゃんと認可してくださいよと言わんばかりの圧力という文言がかかってきた。文部科学省側から出て来たペーパー。いわゆるビジメモが流出したと。

文科省が文書を作ったのが2016年の9月から12月にかけて。52年ぶりに獣医学部の新設を認める方針を示したのが11月。

この時間軸はあまり関係ないですね。はっきり言えば、これが始まったのは第二次安倍政権が出来てから。2014年からずっと加計学園が働きかけている。去年の段階になって認可を下ろさないといけないということがあってこういう文言が出て来た。

同じ文書を民進党の玉木雄一郎議員が入手したということで国会で追及していましたよね。文書の信ぴょう性はどうですか。

菅官房長官は怪文書じゃないかと言っていますが、公式文書ではないと思います。官僚が会議、電話の指示をされて保身の為にメモを残しておく。ビジメモと言いますが。正式な行政文書とは言えないかもしれない。そういう意味でいうと菅さんが言う怪文書扱いにしているのは分からなくはないですが、感触として見た場合にビジメモという慣例の文書なので信ぴょう性が高いと思います。

森さんの取材ではどんなことが明らかになっていますか。

氷山の一角でいかに加計さんと安倍晋三さんの仲が深いかということがずっと連綿と続いてきた。もっと遡って当時の下村博文shimomura文科大臣からの話ですね。下村さんの奥さん(下村今日子shimomuraは加計学園と親しくて審議委員をやっていてもっともっと根が深い話ですね。

氷山の一角で掘り下げていくと出てくると思いますが。民進党がプロジェクトチームを作って強化していくということですが、真相究明はどう展開していくと思いますか。

なかなか難しいと思いますね。内部告発者が現れるかどうかとか、こういうビジメモ程度でもいいので何らかの証拠が出てくるかどうか。民進党が追及出来るかどうか。期待したいところではありますが、森友学園でも成果は出ていないですよね。国会というよりもメディアのほうが期待できるのではないかと思います。

有耶無耶にしてはいけない問題なのでまたお話を伺わせて下さい。

(2017年05月17日J-WAVE JAM The World 「Cutting edge」から)






加計学園への不正な利益供与は2月ぐらいからネット上では騒がれていたのに本当に遅過ぎる。唐突な文部科学省への天下り批判を出されて官邸、安倍晋三への抵抗と考えるのが容易だ。

森さんが言うように民進党が森友学園でもいまいち振るわなかったということがある。党として一致団結して立ち向かわない。共謀罪の議論の前に国会を止められないのはいくら数が少ないとはいえ情けない。

森友学園同様に加計学園も要望に満額回答どころかお土産付きで応えている。文書が云々というよりも経緯、そして結果が出ているわけだから徹底的に国会で安倍晋三と加計孝太郎、当時の文科大臣の下村博文、文科省の担当者、獣医の担当省庁の農水省の担当者、内閣府の担当者、今治市長、愛媛県知事を参考人招致どころではなくて証人喚問すべき。

千葉の国際医療福祉大学医学部新設の認可の過程も不可解なところがあってそこも解明しないといけない。

kishi

噂では加計孝太郎は岸の婚外子の息子で安倍晋三とは従兄弟同士だと言われている。だから他よりも優遇しているのか。


radiotheatre at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
自民関連 | 政治

2017年05月12日



萱野稔人さん:

今夜みなさんから募集するメッセージテーマは「景気が良くなったなぁ〜と感じる点は何ですか?」
内閣府の「景気ウォッチャー調査」4月の結果が今日発表され、5か月ぶりに改善したということですが、あなたの実感は、いかがでしょうか?

ラジオネーム:フランシスコフェルナンデス落合さん。
「景気の良さを実感できないものにとって景気が良いなんていう話なんか聴きたくない。生活必需品や食料品の値上げが続いて格差が広がっていることを実感するだけです。」

このテーマ設定が良くないというお叱りでしょうかね。

ラジオネーム:足立の曽根さん。
「今日のテーマは何かの冗談ですか。私は景気が良くなったとは思えません。電気通信のIT産業の企業ですが、ここ5年給料は据え置き、業績不振でボーナスは下がっています。逆に社会保障費、税金といろいろ増えて毎日の生活があっぷあっぷだと思います。従って景気が良くなったとは思えません。」

半ばお叱りのようなメールをいただきましたね。景気が良くなったという内閣府の調査が出てもそんなの冗談だろうと実感できない方が多いんでしょうね。なかなか厳しい状況があるというのが伝わってきますけどね。

(2017年05月11日J-WAVE JAM The World の終了間際から抜粋)




J-WAVEは大本営発表みたいな内閣府の発表を鵜吞みにしてメール募集するのはどうかしている。萱野という人も景気が良くなったと本気で思っているのか。団塊の世代がごそっと辞めたから欠員が出ているだけで教え子が少し就職しやすくなったからといって景気が良くなっているわけではないんだから。

萱野という人はニュースでしっかりしたコメントを言わないし、全くセンスがない。哲学専攻なんてよく言えたもんだ。政権を批判するでもなく、大したことを言わないからマスメディアに重宝される典型だろう。

radiotheatre at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
経済 

2017年02月28日

首相動静(2月27日)

午前7時52分、公邸発。同53分、官邸着。
 午前7時54分から同8時35分まで、萩生田光一官房副長官。
 午前8時53分、官邸発。同54分、国会着。同56分、衆院第1委員室へ。同9時3分、衆院予算委員会開会。
 午後1時3分、衆院予算委散会。同4分、同室を出て、同5分、国会発。同7分、官邸着。
 午後1時41分から同2時16分まで、西村康稔自民党総裁特別補佐。同17分から同47分まで、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長。
 午後3時56分、官邸発。同58分、国会着。同59分、衆院本会議場へ。同4時2分、衆院本会議開会。
 午後6時15分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同17分から同29分まで、衆院の大島理森、川端達夫正副議長、佐藤勉議院運営委員長、自民党、公明党、共産党など与野党会派にあいさつ回り。麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官ら同行。同30分、国会発。同31分、官邸着。同35分から同50分まで、ベルギーのブラッケ下院議長の表敬。
 午後6時57分、官邸発。同7時5分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂飯店」着。内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談
 午後9時39分、同所発。同55分、東京・富ケ谷の私邸着。
 28日午前0時現在、私邸。来客なし。(2017/02/28-00:06)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022700249&g=pol



国会中継をNHKで放送させないようにしたりと姑息なことをしている。時事通信の田崎史郎は未だに安倍の擁護を続けている。大手メディアもこんな事態になっているのにこの体たらく。ワイドショーでやっと火が付き始めて明日以降はどうなるのか。


radiotheatre at 02:31コメント(0)トラックバック(0) 
政治 

2017年02月27日







radiotheatre at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 
政治 

2016年09月25日

2016年9月25日(日) 18時54分〜20時54分 の放送内容

徹底分析!大統領選テレビ討論会…ズバリここが見どころ▽特集「噂の深層」▽国連と日本外交 (他).

番組内容

ビッグストーリーズ/大統領選テレビ討論会…ズバリここが見どころ

・アメリカ大統領候補による、1対1のテレビ討論会が始まる。クリントン、トランプ両候補の健康、失言、スキャンダルなど政策以外の問題に注目が集まる中、テレビを通じて醸し出される“印象"次第では命取りになりかねない重要な舞台だ。両候補は如何に戦うべきか?

▽ゲスト:春名幹男(早稲田大学大学院客員教授)、小西克哉(国際教養大学客員教授)

特集・朝日新聞GLOBE連動企画/噂の深層

・噂は不安が生み出す魔物。出どころや真偽がわからず、口伝えで始まり、あっという間に広まってしまう。時には思わぬ事態を引き起こすこともあるが、怪しい魅力も…。そんな噂との付き合い方を、朝日新聞GLOBE記者が探った。▽ゲスト:小山謙太郎(朝日新聞GLOBE) ※ご意見をお待ちしています。メールアドレスは imaseka@bs-asahi.co.jp

コメンテーター

渋谷和宏(経済ジャーナリスト)、ジョナサン・ソーブル(NYタイムズ記者)

出演者

メインキャスター

木佐彩子
キャスター
小松靖・宇佐美佑果(テレビ朝日アナウンサー)


radiotheatre at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ、マスメディア、IT 

2016年09月01日

法人企業統計

3期連続減収減益 設備投資伸び鈍化

毎日新聞2016年9月1日 11時40分(最終更新 9月1日 11時40分)

 財務省が1日発表した4〜6月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の経常利益が前年同期比10.0%減の18兆2639億円、売上高も3.5%減の307兆3674億円で、ともに3四半期連続の前年割れとなった。円高や世界経済の減速傾向が響いた。


 設備投資は3.1%増の9兆3145億円と13四半期連続で増えたが、伸び率は1〜3月期(4.2%)より鈍化した。

 3四半期連続の減収減益は東日本大震災後の2011年4〜12月以来となる。ただ、経常利益の金額は過去2番目の高水準で、財務省は過去最高だった前年同期との比較で減益になったと説明した。(共同)

http://mainichi.jp/articles/20160901/k00/00e/020/246000c

radiotheatre at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
経済 

2016年08月31日

8月31日 8時56分



企業の生産活動を示す7月の鉱工業生産指数は、熊本地震で落ち込んだ自動車の生産が増加した一方、建設用の鉄骨や化粧品などの生産が低下したことから前の月と変わらず横ばいとなりました。




経済産業省が31日発表した7月の鉱工業生産指数は、平成22年を100とした指数で96.9となり前の月と変わりませんでした。
これを業種別にみますと、熊本地震の影響で落ち込んだ自動車やスマートフォンに使われる半導体などは生産が増えましたが、建設用の鉄骨や化粧品などは生産が低下し、全体として横ばいとなりました。
一方、主な製造業の生産の予測は、8月がプラス4.1%、9月がマイナス0.7%としていて、経済産業省は、企業の生産活動について「一進一退で推移しているが、一部に持ち直しがみられるという」基調判断を維持しました。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160831/k10010661661000.html

radiotheatre at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
経済 
Google
カスタム検索


BOOKS
Book CDショップ


1500円以上で送料無料!ブックサービス

@古本市場
SPORTS


プロフィール

ラジオ映画館

お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

週に、2,3度更新します。
Archives
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。